アフターキンダーとエクステンションの違い.png

アフターキンダークラス

 1クラス定員6名までの完全少人数制にて、ひらがな50音の読み書き、数、季節の歌、知恵遊びなどを

    日本の進学幼児教室と提携し教材を取り入れながら指導していきます。

 

〈ひらがな習得〉

1日に1文字の学習。一字画(『く』や『へ』など)から最後は複雑な文字(『お』や『を』など)までを、

止め、撥ね、払いまで、きれいに丁寧に書くことが出来るように学習していきます。

 

〈知恵遊び〉

 遊びやプリントを通して、理解力・記憶力・観察力・注意力・推理力・想像力などを高める指導をしています。

 

〈数〉

日本語ならではの、独特な数の数え方(物によって数える単位が変わる)、何番目、多い少ない、合わせていくつ、

残りはいくつ、時計認識も含めて学習します。

 

〈行事〉

 日本の伝統行事に合わせて、季節の歌や絵本や折り紙制作を取り入れ、日本文化を学習に取り入れています。

 

 

 

エクステンションクラス

1クラス定員6名までの完全少人数制にて9月~6月までのアフターキンダークラス受講修了及び、

日本では年長組に値する年齢の児童へのクラスです。

補習校入学が4月なので入学前まで、語彙を増やしながら日本語学習をしていきます。

<ひらがな>

 濁音・半濁音・促音・拗音を中心に、動詞や助詞をつかいながら、文章を組み立てられるように指導をしています。

〈読解〉

簡単な文章題を読み、理解し答えることができるようになる学習をします。先生がお話しを読み、

お話しの内容を記憶し、理解出来た上で問題を解くことが出来るように指導しています。

 

 <数字>

1年生で行う算数の内容を少し繰り下げ、主に文章問題を中心に読解ができるように指導しています。 

 

 

 1年生~

 1クラス店員6名までの完全少人数制にて文部科学省認定教科書を使用しながら、楽しく学習していきます。

日本ならではの道徳の授業もカリキュラムに入れ、ホームルームの時間には1年間を通して日本の行事に親しむ内容を取り入れています。